サンタン,サンバーン

日焼けには2種類ある(サンバーン・サンタン)

日本では赤くなる日焼けも黒くなる日焼けも、同じように日焼けと呼んでいます。
しかし、英語では赤くなる日焼けを「サンバーン」、黒くなる日焼けを「サンタン」と区別しています。

日焼けの種類によって予防法・対処方法も違うので、知識を身につけておく必要があるでしょう。

赤くなる日焼け「サンバーン」

紫外線によって赤くなり、ほてりやヒリヒリとした痛みを伴う日焼けです。正式な病名は「日光皮膚炎」と言い、軽いやけどです。

サンバーンをもたらす紫外線

サンバーンは主にUV−Bという波長の短い紫外線によって引き起こされます。
地上に届く紫外線にUV−AとUV−Bがありますが、サンバーンの原因であるUV−BはUV−Aに比べ、体に与える影響が強いです。

サンバーンの症状

赤くなり、ヒリヒリとした痛みやほてりを生じます。肌タイプにより異なりますが、日本人の肌タイプでは赤くなった後褐色になり、サンバーンを繰り返すと黒くなります。白人の場合は赤くなっても、その後黒くなりません。

また、サンバーンの状態が悪くなると、水ぶくれになったり、発熱や頭痛をともなったりします。炎症が治ってくると、角質層の水分がなくなり、皮がはがれてきます。

メラニンの働き

本来メラニンは紫外線から肌を守る働きがありますが、色白の人はメラニンが少なく、紫外線から肌を守る力が弱いために炎症を起こし、赤くなってしまいます。

したがって、メラニンによる肌を守る力の弱い人(色白の人など)は、紫外線のダメージが大きいので、日焼け対策が特に必要であると言えます。

黒くなる日焼け(サンタン)

サンタンは黒くなる日焼けであり、色黒の人がなりやすい日焼けです。
サンバーンに比べ痛みを伴うことはありませんが、シミ・しわの原因となるので注意が必要です。

サンタンを引き起こす紫外線

サンタンを引き起こす紫外線は波長の長いUV−Aです。体への影響は少ないですが、UV−Bに比べて肌の奥まで入り込むので、コラーゲンを破壊します。

これは肌のたるみ・しわの原因となります。また、UV−Aはメラニンの生成を促進します。

メラニンの働き

サンタンには2種類あり、日焼けをしてすぐに黒くなる場合と、数日たってから黒くなる場合があります。
すぐに肌が黒くなるのは、紫外線によるメラニンが酸化して黒っぽく見えることが原因です。この場合メラニンの生成はないので、肌の色はすぐに元に戻ります。

また、数日たってから黒くなるのは、サンバーンによって赤みを持った肌が、数日たって赤みが引き、徐々にメラニンが生成されて黒くなっていく日焼けです。
徐々に肌の色が黒くなり、10日ほどするとまた元の肌の色に戻っていきます。

色黒の人は日焼けしやすい!?

サンバーンになりにくい人は、紫外線による体への影響を受けにくいように考えてしまいますが、サンタンを引き起こす紫外線のUV−Aはオゾン層を通過しやすいので、曇りの日でも80%ものUV−Bは雲を通過して降り注いでいます。
また、ガラスも通過してしまうので、家の中にもUV−Aは入ってきます。

UV−AはUV−Bに比べ、20倍もの量が降り注いでいるとか。
つまり、サンタンを起こしやすい肌タイプの人は、紫外線に当たる機会が多いので、紫外線への対策をしなければ日焼けしやすくなるということになります。

サンタンを起こしやすい肌の人(色黒の人)は、常時紫外線から肌を守る工夫が必要だと言えるでしょう。

  • 日焼けとは? - 皮膚の炎症と色素沈着
  • 紫外線を防ぐ方法 - 日傘や帽子でUVカット!

  • 【日焼けの基礎知識】やけど!皮膚が炎症してる!?紫外線の種類と病気について
  • 【紫外線の基礎知識】UVカットのために紫外線の性質を知る
  • 【日焼け止めの基礎知識】日焼け止めの種類と効果について
  • 【日焼け止めの効果的な選び方】シチュエーションに合わせた紫外線対策
  • 【日焼け止めの正しい使い方】適切な使い方で効果的な紫外線対策
  • 【日焼けをしてしまったら…】日焼け対策にはビタミンCが効果的!