日焼け止め

日焼け止めの種類

肌を紫外線から守ってくれる日焼け止めには、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2種類があります。
この二つには、紫外線から肌を守るしくみに違いがあるのです。

肌にやさしい紫外線散乱剤

日焼け止めが紫外線を反射・散乱させることで肌の中に紫外線が進入してくるのを防ぎます。
日焼け止めを肌につけると、白っぽくなったり粉っぽくなったりするのは、紫外線を反射させる成分のためです。

また、紫外線散乱剤は紫外線吸収剤に比べて肌にやさしいので、肌の弱い人・敏感肌の人でも使用できます。

紫外線吸収剤が含まれていないので、「紫外線吸収剤フリー」「紫外線吸収剤不使用」などと記載されていることもあります。

紫外線散乱剤の成分とは?

紫外線散乱剤に含まれているのは主に酸化チタン・酸化亜鉛です。

どちらも白い無機粉末で、酸化チタンは肌の凹凸を整える効果が高く、酸化亜鉛には消炎作用などがあり、皮膚保護薬などに使われています。

日焼け防止効果大!紫外線吸収剤

肌に塗った日焼け止めが肌の表面で紫外線を吸収して、肌の内部に紫外線が侵入するのを防いでくれるのが紫外線吸収剤です。

紫外線吸収剤は、吸収した紫外線を赤外線や熱に変えて外へ逃がします。この化学反応は肌にはとても負担がかかってしまいます。肌が弱い人が使用すると肌荒れやかぶれを生じることがあります。

しかし、紫外線吸収剤は効果が高く、強い日焼け止めに使用されています。大手の化粧品会社では、刺激の少ない紫外線吸収剤の研究が続けられています。

最近では紫外線吸収剤のカプセル化が進み、刺激の強い吸収剤はマイクロカプセルに閉じ込めて肌に直接触れないようにして、肌への刺激を減らしています。

年々紫外線吸収剤の配合された日焼け止めは、肌への刺激が少なくなっています。

紫外線吸収剤には何が含まれている?

紫外線を防ぐ力が強いけれど、肌へダメージを与えることがある紫外線吸収剤の成分には、主にオキシベンゾンンやケイ皮酸誘導体などがあります。

自分の肌に合うかどうかパッチテストを行おう!

日焼け止めのパッケージには「アレルギーテスト済み」「低刺激」などと記載があっても、実際に自分の肌に合うかどうかは、つけてみなければわかりません。

実際に塗ってみて炎症が起きてしまった…ということがないように、目立たない腕などで試してみるのがパッチテストです。\n

パッチテストのやり方

日焼け止めだけでなく、初めて使う化粧品にも試してみると良いでしょう。

  • 1. 二の腕の裏側の目立たない部分に日焼け止め(化粧品)を少量塗ります。
    (二の腕の裏側は皮が薄いので、肌が敏感なのです。)
  • 2. 30分後に塗った部分に変化がないか確認します。赤みやかぶれ、かゆみなどがあった場合には、すぐに洗い流します。
    (30分経たなくても、変化のあった場合には洗い流しましょう。)
  • 3. 2日後、もう一度塗った場所を確認します。2日後に何も異常がなければ、問題はありません。2日間の間に何か変化があった場合には、使用を控えましょう。

  • 日焼けとは? - 皮膚の炎症と色素沈着
  • 紫外線を防ぐ方法 - 日傘や帽子でUVカット!

  • 【日焼けの基礎知識】やけど!皮膚が炎症してる!?紫外線の種類と病気について
  • 【紫外線の基礎知識】UVカットのために紫外線の性質を知る
  • 【日焼け止めの基礎知識】日焼け止めの種類と効果について
  • 【日焼け止めの効果的な選び方】シチュエーションに合わせた紫外線対策
  • 【日焼け止めの正しい使い方】適切な使い方で効果的な紫外線対策
  • 【日焼けをしてしまったら…】日焼け対策にはビタミンCが効果的!