SPF

「SPF」は何を表しているの?

SPFとは「サン・プロテクション・ファクター」の略で、紫外線防御指数とも呼ばれます。

このSPFは皮膚がんやサンバーンの原因となるUV−Bを防ぐ効果を現しています。

日焼け止めを塗らないで20分間紫外線に当たると日焼けする人の場合

例えば、日焼け止めを塗らずに紫外線を20分浴びると、日焼けして赤くなるとします。 この日焼け止めを塗らない状態を「SPF1」とした場合に、「SPF25」はこの25倍の時間、日焼けを防ぐ効果を得られるということを表しています。

この場合は「SPF25」は20分の25倍で500分間紫外線から守る効果が得られるということになります。

つまり、日焼け止めを塗らなければ20分で日焼けしてしまうものを、SPF25の日焼け止めを使用することで、500分間日焼けするのを伸ばせるということになります。

では、SPFの数値が大きいほど長い時間紫外線から守ってくれるとうこと?

上記の場合、「SPF50」の場合は、20分の50倍の1000分、つまり16時間以上紫外線から守ってくれる効果があるということになります。

しかし、これはしっかり日焼け止めが塗られている場合であり、室内で汗をかいていない場合でも、皮脂や何かに触れることで日焼け止めは落ちてきます。
SPFは、しっかり日焼け止めを塗った状態でどれだけ長く紫外線を防ぐ効果があるかという数値になります。

SPF50の日焼け止めでも、スポーツをしてすぐに汗で落ちてしまっては効果がありません。塗り直すか、ウォータープルーフなどの汗や水で落ちにくいものでなければ、それだけの効果を期待できないのです。

数値が大きくなると肌への負担も大きくなる!?

SPFの値が大きくなると、それだけ肌の負担は大きくなります。
「大は小を兼ねる」とむやみにSPFの数値が高いものを使用するということは、それだけ肌に負担をかけるということになります。

普段の生活とスポーツ時で使い分けるなど、肌への負担も考慮して使用すると良いでしょう。

また、現在設定されているSPFの数値で最も大きいのは50+です。SPF50より高いものをSPF50+と表記しています。

昔はSPF105などのSPFの数値の高い日焼け止めがありましたが、上限が定められ、現在のSPF50+までとなりました。

「PA」の表しているものは?

「PA」はUV−Aを防ぐ効果を現しています。SPFが赤くなる日焼け(サンバーン)を防ぐ効果を示すのに対し、PA値は黒くなる日焼け(サンタン)を防ぐ効果を示しています。

PA値には「PA+」「PA++」「PA+++」の3段階あり、「+」が多いほど効果が高いことを示します。
日常の生活の中では、「PA+」か「PA++」程度でも充分だとか。

SPFの値と同様、PA値も「+」が多くついていても、しっかり日焼け止めが塗られていなければ効果がありません。
定期的に塗り直すことが大切です。

日焼け止めが選びやすい!UVAのロゴとは?

UVAのロゴが入った商品が最近日本でも見かけられるようになってきました。
日本では取り入れられていませんが、UVAのロゴの付いている製品は、欧州委員会が決めたUV−Aを効果的に防ぐことができる条件(UVAを防ぐ効果を表すPPDの値がSPFの数値の3分の1以上)を満たしています。

UVAのロゴは条件を満たした製品にしか付けられません。UVAを防ぐ日焼け止めを判断しやすくするために、2007年からUVAのロゴが付けられるようになりました。

PPDって何?

日本ではUV−Aを防ぐ効果をPAで示していますが、このPA値とは日本独自の表記の仕方であり、欧州などではPPDと表記します。

PPD2以上4未満はPA+、PPD4以上8未満はPA++、PPD8以上はPA+++と同様の効果が得られます。

  • 日焼けとは? - 皮膚の炎症と色素沈着
  • 紫外線を防ぐ方法 - 日傘や帽子でUVカット!

  • 【日焼けの基礎知識】やけど!皮膚が炎症してる!?紫外線の種類と病気について
  • 【紫外線の基礎知識】UVカットのために紫外線の性質を知る
  • 【日焼け止めの基礎知識】日焼け止めの種類と効果について
  • 【日焼け止めの効果的な選び方】シチュエーションに合わせた紫外線対策
  • 【日焼け止めの正しい使い方】適切な使い方で効果的な紫外線対策
  • 【日焼けをしてしまったら…】日焼け対策にはビタミンCが効果的!