リップクリーム,スプレー,シート,パウダー

唇も日焼けする!?日焼け止めリップ

「唇も日焼けするの!?」という人はいませんか?

唇もしっかり紫外線を浴びています。
肌と同じように日焼けもします。

唇の日焼け対策はどのようにしたら良いのでしょうか。

唇が紫外線を浴びると…

唇はメラニンがないので、紫外線から守る力が弱く、ダメージを受けやすいです。そして、唇にもシミはできます。

唇は皮膚が薄く、口紅をクレンジングでしっかり落としていない場合が多いので、シミになりやすいところと言えるでしょう。

強い紫外線に当たると、唇に水ぶくれができる事もあります。細菌が入るとあとが残りやすくなるので、ひどい場合には早めに皮膚科で診てもらう必要があります。

唇にも顔用の日焼け止めを塗る!?

「唇が乾燥しやすい」という人も多いのではないでしょうか。
肌は乾燥しなくても唇は乾燥するという人も多いです。

これは唇と肌の違いによるものです。唇は肌と違って、角質層が薄く、皮脂もありません。乾燥しやすくできていると言っても良いでしょう。

唇に顔用の日焼け止めを塗ってしまうと、さらに乾燥しやすくなり、かゆみ・荒れ・ひび割れの原因となってしまいます。

唇のUVケアは日焼け止めリップクリームで!

唇の日焼け対策にはUVカット成分の配合されたリップクリームを使用すると良いでしょう。
保湿とUVカットが両方できるので、口紅の下地にも良いですね。

日焼け止めリップクリームにもSPF・PA値の表示があるので、唇の乾燥しやすい人はSPF・PA値の低い低刺激のものなどを使用すると良いでしょう。

使いやすい!日焼け止め

日焼け対策で大切なことは、こまめに塗り直すことです。

最初はしっかり塗ったけれど塗りなおしが面倒…ということはありませんか?

塗りなおしにおすすめの使いやすいタイプの日焼け止めを紹介します。

シートタイプの日焼け止めが登場!

制汗シートやデオドラントシートを夏に使用する人は多いですよね。制汗シートと同じような要領で使用できる日焼け止めシートが便利です。

持ち運びに便利で、気軽に使用できるので、外出先での使用に良いとか。自分でキレイに塗りにくい首の後ろや背中も、シートなので楽々塗れます。

SPF20〜25のものが多く、効果の持続時間の面でも安心ですね。

背中の紫外線対策におすすめ!日焼け止めスプレー

日焼け止めのスプレーは白く残ってしまうのではないか…という不安があると思いますが、最近の日焼け止めスプレーは白浮きしません。

スプレータイプの日焼け止めはSPF35〜50でPA+++などの効果の高いものが多いイメージがありますが、SPF10前後のものもあるので敏感肌や肌の弱い人も安心して使用できます。

スプレータイプなので、塗りにくい背中や首の後ろなどにもスプレーするだけで良く、髪や頭皮にも使用できるものもあります。

メイクの上から塗りなおせる!日焼け止めパウダー

メイクしていると、日焼け止めの塗りなおしは面倒ですよね。
パウダータイプの日焼け止めは、メイクの上から紫外線対策できます。
毛穴を目立たなくし、肌をキレイに見せてくれます。

パウダーだと白っぽくなってしまうのではないか…と感じてしまいますが、明るい色から濃い目の色まであるので、自分の肌の色に合わせて選べます。

  • 日焼けとは? - 皮膚の炎症と色素沈着
  • 紫外線を防ぐ方法 - 日傘や帽子でUVカット!

  • 【日焼けの基礎知識】やけど!皮膚が炎症してる!?紫外線の種類と病気について
  • 【紫外線の基礎知識】UVカットのために紫外線の性質を知る
  • 【日焼け止めの基礎知識】日焼け止めの種類と効果について
  • 【日焼け止めの効果的な選び方】シチュエーションに合わせた紫外線対策
  • 【日焼け止めの正しい使い方】適切な使い方で効果的な紫外線対策
  • 【日焼けをしてしまったら…】日焼け対策にはビタミンCが効果的!