紫外線対策

顔用の日焼け止めのメリット!

顔と体で日焼け止めを分けなくても良ければ楽なのに…
と思ってしまいますが、顔用の日焼け止めには、顔に使うために適している特徴があります。
化粧下地として使える日焼け止めも多くあります。

化粧崩れを抑える

化粧崩れの主な原因である皮脂・汗を防ぐために、パウダーが配合されているものが多いです。

また、保湿効果が高く、パウダーファンデーションを使用しても粉っぽくならないようになっています。

肌を明るく見せる

顔の色が暗く見えると疲れた印象を与えます。
ボディ用では白っぽくなりすぎてしまうことがありますが、フェイス用は白くなりすぎないものや、日本人の肌に合った黄色みがかった色味のもの、肌色のタイプのものなどがあり、肌を明るくキレイに見せてくれます。

肌にやさしい

ボディ用の日焼け止めには反射材や吸収剤が使われているのに対し、フェイス用はノンケミカル、低刺激のものが多く、紫外線予防だけでなくお肌の乾燥も防いでくれます。

ボディ用日焼け止めにはどんなものを選んだらいい?

顔用の日焼け止めは刺激が少ないものが多いです。だからと言って、ボディ用が肌に悪いわけではありません。
顔に比べてボディは皮膚が厚く、刺激に強いので、効果が高いものを使用しても影響がない場合が多いです。

顔と体の刺激の受け方の違いから、日焼け止めを分けて紫外線対策を行うのも良いでしょう。

落としやすいものを。

日焼け止めはすぐに落ちてしまっては紫外線対策ができません。
ウォータープルーフの日焼け止めはもちろん、それ以外でも落ちにくいようになっているものが多いです。

普通に石鹸で洗っただけでは落ちないものもあります。

顔はクレンジングしますが、体はクレンジングしていますか?
「体にクレンジング?」と思う人もいるかもしれませんが、日焼け止め自体の刺激よりも、しっかり落とさないことの方が肌に良くありません。クレンジングも必要です。

購入する際に、「専用クレンジング不要」などと書いているものは、だいたいボディソープのみで落ちます。

クレンジングするのは大変という人は、クレンジングが必要かどうかをチェックすると良いでしょう。

塗りやすいもの・伸びの良いものを。

日焼け止めのムラ・塗り忘れは、うっかり焼けてしまう原因に!
体は塗る面積が広いので、塗りやすさは重要です。背中や首のうしろなどの塗りにくい部分も、伸びの良いものならばムラなく塗れます。

手の届きにくい部分はスプレーやシートタイプもお勧めです。

しっかり塗ったはずなのに…ということがないように、しっかり紫外線対策をしたいですね。

服につかないものを。

首や腕に日焼け止めを塗ると、襟や袖が白くなってしまうことも。黒っぽい服の場合は特に目立ってしまいます。
塗りすぎている場合や、塗ってすぐに着替える場合は服につきやすくなってしまいます。

塗りすぎないようにして、それでも服に付いてしまう場合にはパウダーで抑えてあげると軽減されるかもしれません。
また、少し乾かしてから着替えを行うと良いでしょう。

服に付きにくい日焼け止めのタイプは、無色(透明)のもの、ジェルタイプのものです。

日焼け止めを塗るから…と好きな色の服が着られないというのはさびしいですね。紫外線対策をしながら、おしゃれも楽しみましょう。

  • 日焼けとは? - 皮膚の炎症と色素沈着
  • 紫外線を防ぐ方法 - 日傘や帽子でUVカット!

  • 【日焼けの基礎知識】やけど!皮膚が炎症してる!?紫外線の種類と病気について
  • 【紫外線の基礎知識】UVカットのために紫外線の性質を知る
  • 【日焼け止めの基礎知識】日焼け止めの種類と効果について
  • 【日焼け止めの効果的な選び方】シチュエーションに合わせた紫外線対策
  • 【日焼け止めの正しい使い方】適切な使い方で効果的な紫外線対策
  • 【日焼けをしてしまったら…】日焼け対策にはビタミンCが効果的!
関連リンク