日焼け対策

1年間の日焼け対策

たしかに夏は最も紫外線の強い季節ですが、紫外線を浴びる量は夏の1分間と冬の5分間で同じくらいと言われています。
冬だからと気を抜いて、日焼け対策せずに長い時間紫外線を浴びてしまうと、夏と同様に日焼けしてしまうのです。

シミやしわなどの紫外線による肌トラブルは、蓄積されたメラニンによって引き起こされます。

夏以外の季節も紫外線は降り注いでいますので、紫外線が少ない季節だからと言って日焼け対策を怠っていると、肌の中でメラニンが着実に蓄積してしまっていることも…。

季節限定の日焼け対策ではなく、通年行っていくことが大切です。

春(3月〜5月)は黒くなる日焼けに注意!

3月からだんだんと紫外線の量は多くなっていきます。
北海道など北の地方では、まだ雪が残っていることもありますが、春が近づいて紫外線も強くなってきています。

春は涼しくて過ごしやすい季節なので、日焼け対策を忘れてしまいがちですが、日に日に紫外線が増えて、5月には本格的に紫外線が強くなってきます。

春に注意しなければいけないのはUV-A。なんと、UV-Aが最も降り注ぐのは5月なのです!春はサンタンに注意です。

春に使う日焼け止めは、特にPA値に注意して使用しましょう。
また、UVAはガラスを透過して入ってくるので、家の中の紫外線にも要注意!

夏(6月〜8月)はサンバーンに注意しよう。

最も日焼け対策に力を入れたい夏。
UV-A・UV-B共に多い季節ですが、1年間で最もUV-Bの多い季節です。

汗や皮脂によって、せっかく塗った日焼け止めも落ちてしまうことが多いです。
こまめに日焼け止めを塗りなおすことが最大の日焼け止め対策と言っても良いでしょう。
夏はSPF、PA値共にチェックして使用すると良いです。

帽子・日傘・サングラスなどで紫外線を浴びないようにすることも大切です。

秋(9月〜11月)は夏の肌の疲れを癒してあげよう!

涼しくなってくると、つい日焼け対策も面倒になってしまいます。

夏に紫外線を浴びて、肌は乾燥し、肌の奥ではメラニンが生成されています。角質が厚くなってしまっていることも…。

メラニン色素は、肌を紫外線から守っているのですが、作られたメラニンはそのままにしておくとシミの原因となってしまいます。

また、秋から乾燥しやすい時期になっていきます。
夏に受けた肌のダメージをそのままにして、肌を乾燥させてしまったら、シワになってしまうこともあるのです。

秋は、紫外線対策に加えて、肌を休息させるケア、保湿が大切になります。
秋の日焼け止めは、肌に刺激が少なく、保湿効果のあるものがお勧めです。

美人肌作りには冬の日焼け対策と肌のケアが重要!(12月〜2月)

冬は紫外線の弱い季節ではありますが、紫外線は降り注いでいます。
そして、冬は肌が乾燥しやすい時期。乾燥した肌で紫外線を浴びてしまうと、肌のダメージは大きくなります。
冬は効果の高い日焼け止めよりも、肌にやさしく、保湿効果のあるものを選ぶと良いでしょう。

また、夏に生成されたメラニンがそのまま蓄積されていると、次の夏まで持ち越してしまうことも!
将来のシミの原因を抱えて、次の夏を迎えるのは危険なことです。

冬も秋と同様、日焼け対策・乾燥対策・肌のケアを行っていきましょう。
夏に生成されたメラニンを除去する美白のためのケアも良いでしょう。

生成されたメラニンの行方は…!?

夏に紫外線を浴びると、肌を守るためにメラニンが生成されます。

しかし、そのメラニンはシミの原因!美肌の大敵です!一度作られたメラニンは、いったいどうやって消えるのでしょうか。

メラニンを外に排出!ターンオーバーについて。

肌は常に生まれ変わっています。
美肌とは、この肌の生まれ変わりがスムーズに行われて、イキイキした肌であることと言えるでしょう。

この肌が生まれ変わることを肌のターンオーバー(または、肌の新陳代謝)と言います。
肌の最も深いところ(基底細胞)で、新しい細胞が常に作られています。
新しい細胞を作りながら、古い細胞を押し上げていき、古い細胞をアカとして排出していきます。
これを繰返し、肌は常に新しく生まれ変わっているのです(ターンオーバー)。

このターンオーバーは正常な肌の場合、28日で行われています。つまり、28日ごとに肌が生まれ変わるということです。

しかし、ターンオーバーが正常に行われないと、作られたメラニンは肌の中にそのまま残ってしまいます。これがシミの原因です。

ターンオーバーを乱す原因とは?

ターンオーバーが乱れると、不要なものが肌の中に残ってしまったり、肌が不安定になってしまったりします。

  • ・紫外線の刺激
  • ・睡眠不足
  • ・肌水分の不足(乾燥)
  • ・自律神経の乱れ
  • ・加齢

上記のことが原因でターンオーバーのペースが乱れます。
ストレスを溜めず、肌を気づかった生活を送ることが大切です。

ターンオーバーが最も活発になる時間帯は、午後10時〜午前2時だとか。

この時間帯にスキンケアをして眠っていることが、ターンオーバーのサイクルを乱さず、美肌作りには効果的だと言えるでしょう。

  • 日焼けとは? - 皮膚の炎症と色素沈着
  • 紫外線を防ぐ方法 - 日傘や帽子でUVカット!

  • 【日焼けの基礎知識】やけど!皮膚が炎症してる!?紫外線の種類と病気について
  • 【紫外線の基礎知識】UVカットのために紫外線の性質を知る
  • 【日焼け止めの基礎知識】日焼け止めの種類と効果について
  • 【日焼け止めの効果的な選び方】シチュエーションに合わせた紫外線対策
  • 【日焼け止めの正しい使い方】適切な使い方で効果的な紫外線対策
  • 【日焼けをしてしまったら…】日焼け対策にはビタミンCが効果的!