ノンケミカル,敏感肌用

敏感肌用の日焼け止めとは?

敏感肌とは、刺激に弱い肌を言います。普通の人が何にも感じない物質・刺激などに敏感に反応して、炎症やかゆみ・かぶれなどを引き起こしてしまいます。

敏感肌の人は、肌に触れるもの・つけるものは慎重に選ぶ必要があるでしょう。
また、心配な場合はパッチテストを行い、異常がなければ使用するようにしましょう。

日焼け止めの成分に肌への刺激の原因が…

日焼け止めが肌に刺激を与える原因は、主に紫外線吸収剤であると言えるでしょう。

吸収剤が配合されていると、確かに紫外線を遮断する効果は高いのですが、敏感肌の人の場合は肌への負担が大きいです。紫外線を浴びるのと、刺激の強い日焼け止めを塗るのではどちらが良いか…という選択はしたくありませんよね。

紫外線吸収剤の配合されていない日焼け止めを選ぶようにしましょう。

敏感肌用の日焼け止めは何が違うの!?

肌にやさしそうな日焼け止めにノンケミカル・低刺激・無添加の日焼け止めがありますが、何が違うのでしょうか?

低刺激と書いていたけれど、肌に合わなかったという経験のある人もいると思います。

敏感肌と言っても、肌の状態もさまざまです。表示だけで購入するのではなく、成分についても確認する必要があると言えるでしょう。

ノンケミカルとは?

「ノンケミカル」と表示されている日焼け止めは有機化合物を使用していない製品です。
日焼け止めには紫外線吸収剤や紫外線反射剤が配合されています。
紫外線吸収剤がこの有機化合物に当たります。

日焼け止めとはで解説しましたが、紫外線吸収剤の成分にオキシベンゾンンやケイ皮酸誘導体、シラソーマなどがあり、紫外線を吸収し、化学反応によって紫外線を熱や赤外線に変えて放出する働きがあります。

この化学反応が敏感肌の人にはダメージが大きすぎるのです。

また、吸収剤が配合された日焼け止めは油分が多く、酸化しやすいので、敏感肌の人の場合は、日焼け止めの酸化によって肌荒れなどを生じる場合もあります。

「低刺激」と表示されている日焼け止めもありますが、ノンケミカルと同様、吸収剤を配合していないことを指しています。

「無添加」とはどういうこと?

ただ「無添加」と表示があっても、何が無添加なのかわからないというのが正直なところではないでしょうか。

無添加というと、肌に悪くないように感じますが、「香料無添加」「着色料無添加」という表示のものもあれば、ただ無添加と表示しているものもあります。
敏感肌の人は、合成着色料・アルコール(エタノール)・合成香料が無添加の製品を選ぶと良いでしょう。

何が無添加なのかわからない場合には、成分の表示を確認しましょう。

子供用の日焼け止めは安全?

子供用のサンスクリーン剤でも、紫外線吸収剤が含まれている製品もあります。
低刺激と表示されていても吸収剤をカプセル化し、配合されている場合があります。

「子供用なら敏感肌の人でも大丈夫」と思っている人が多いですが、しっかり成分を確認してから選ぶと良いでしょう。

子供の肌はデリケートで、乾燥しやすいので、吸収剤の含まれていない低刺激のサンスクリーン剤が安心して使えます。

  • 日焼けとは? - 皮膚の炎症と色素沈着
  • 紫外線を防ぐ方法 - 日傘や帽子でUVカット!

  • 【日焼けの基礎知識】やけど!皮膚が炎症してる!?紫外線の種類と病気について
  • 【紫外線の基礎知識】UVカットのために紫外線の性質を知る
  • 【日焼け止めの基礎知識】日焼け止めの種類と効果について
  • 【日焼け止めの効果的な選び方】シチュエーションに合わせた紫外線対策
  • 【日焼け止めの正しい使い方】適切な使い方で効果的な紫外線対策
  • 【日焼けをしてしまったら…】日焼け対策にはビタミンCが効果的!