クレンジング

日焼け止め成分を肌に残ったままにしておくと…

ウォータープルーフの日焼け止めなどの水に強い日焼け止めは特に、きちんと落とさないと肌に残ったままになってしまいます。
しっかりと落とさなければ、長時間日焼け止めの刺激を肌が受けてしまうことになりますし、毛穴が詰まっていると肌トラブルを招きます。

毎日の積み重ねで、慢性的な肌荒れの原因となっていることも…。

日焼け止めの落とし方

日焼け止めには、石鹸で落とせるものと、クレンジングを使用しなければ落とせないものがあります。

「顔は化粧をしているからクレンジングをするけど、体にも必用なの!?」と思っている人は多いのではないでしょうか…。

日焼け止めに顔用・体用があるように、クレンジングにも顔用・体用があります。
クレンジングは自分の肌に合ったものを使用し、日焼け止めが落ちきれていないということがないようにしたいですね。

表示をチェックしよう!

日焼け止めには、落とし方の表示があります。
石鹸で落とせるもの・クレンジングが必要なものが表示されているので、表示の通りに洗い流す必要があります。

また、石鹸で落としきれているつもりでいても、日焼け止めが残っている場合があるので注意が必要です。

「クレンジング不要」などの表示があっても使用する石鹸によっては、洗い流しても肌が水をはじく場合があります。
この場合は、日焼け止め成分が残っている可能性があるので、クレンジングを使用すると良いでしょう。

ゴシゴシこすらない!

日焼け止めを落とすのは、UVケアの一つです。
紫外線から肌を守ってくれる日焼け止めも、刺激を肌に与えています。さらにゴシゴシこすってしまうと、肌が傷つく原因となってしまいます。

紫外線や日焼け止めで疲れた肌を癒してあげるような気持ちで洗ってあげると良いでしょう。

特に体はゴシゴシ洗う習慣がある人が多いです。
ボディタオルやスポンジで力が入りすぎてしまう場合には、手で優しく洗うと良いでしょう。
物足りなく感じるかもしれませんが、日焼け止めや汚れは、力を入れれば落ちるというわけではありません。

日焼け止めは帰宅後すぐに落とすのが理想的!

日焼け止めは肌に負担をかけています。
帰宅が日没後であれば、帰宅後すぐに日焼け止めを落とすのが理想です。

日焼け止めを塗っている必要がなくなったら、なるべく早めに落としましょう。

クレンジングの種類と特徴

日焼け止め用のクレンジングにはさまざまなタイプがあり、ジェル・オイル・ミルク・シートなどがあります。

クレンジングジェル

肌になじみやすく、弾力があるので、摩擦による肌への負担が最も少ないという特徴があります。
ポイントメイクなどは落としきれないことも…。

ウォータープルーフタイプのマスカラ等にはポイントメイク専用のクレンジングを使用すると良いでしょう。

オイルクレンジング

ポイントメイクも落としやすく、洗浄力の高さが特徴。毛穴もすっきりきれいにしてくれます。
しかし、皮脂までしっかり落としてしまい、かさつきやすいというデメリットも。

クレンジングミルク

洗浄力はあまり強くありませんが、比較的肌にやさしいので、敏感肌や肌の弱い人にお勧めです。
肌の油分を落としすぎるということがないので、洗い上がりがしっとりします。

クレンジングシート

ウェットシートタイプのふき取るだけで落とせる、使いやすさが特徴です。
どこでも手軽にクレンジングできますが、アルコールが含まれているものが多く、肌への刺激が強いというデメリットもあり、毎日の使用にはお勧めしません。

  • 日焼けとは? - 皮膚の炎症と色素沈着
  • 紫外線を防ぐ方法 - 日傘や帽子でUVカット!

  • 【日焼けの基礎知識】やけど!皮膚が炎症してる!?紫外線の種類と病気について
  • 【紫外線の基礎知識】UVカットのために紫外線の性質を知る
  • 【日焼け止めの基礎知識】日焼け止めの種類と効果について
  • 【日焼け止めの効果的な選び方】シチュエーションに合わせた紫外線対策
  • 【日焼け止めの正しい使い方】適切な使い方で効果的な紫外線対策
  • 【日焼けをしてしまったら…】日焼け対策にはビタミンCが効果的!