美白,食べ物

ビタミンCの美白・美肌作用とは?

肌に良い栄養素として、まず挙げられるのがビタミンCだと言えるでしょう。
ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑制する効果があり、コラーゲンの生成を助けます。

紫外線を浴びると活性酵素が発生して、肌にダメージを与えますが、ビタミンCの持つ抗酸化作用で活性酵素による酸化を防ぐことができ、シミ・しわ・皮膚の老化などの肌への影響を防げます。

また、ビタミンCにはストレスを和らげる効果もあります。ストレスやイライラも肌には良くありません。
ビタミンCは、心もお肌も元気にしてくれるのです。

ビタミンCを効果的に摂取する方法

美肌は化粧水や美容液だけでは作れません。体の中から肌をキレイにする必要もあるのです。

ただ、ビタミンCの含まれている食品を摂取するのではなく、効果的に摂取して美肌・美白を手に入れましょう。

ビタミンCが多く含まれる食べ物

ビタミンCは野菜ではピーマン(特に赤ピーマン)・パセリ・ブロッコリー、果物ではアセロラ・レモン・キウイ・イチゴに多く含まれ、そのほかロースハムやベーコン、タラコ、焼き海苔などにも多く含まれています。

ビタミンCはデリケート!?

ビタミンCは壊れやすく、酸化しやすい性質があります。
フルーツの皮を剥いただけでも、すぐにビタミンCが酸化して壊れてしまうことも。

そして、ビタミンCには熱に弱いという性質もあり、熱を通しただけでもビタミンCの半分が壊れてしまったりします。
また、ビタミンCは水溶性なので水に流れ出てしまったり、長期保存で壊れてしまったりすることもあります。

ビタミンCを摂取するためには、調理時間を短くする、熱を通さなくても良いものは生で食べる、ビタミンCの溶け出た煮汁等も活用する…など、ビタミンCの性質に合わせて摂取方法を工夫すると良いでしょう。

ビタミンCを上手に摂取するには…?

ビタミンCはデリケートなので、上手に摂取する必用があります。
ビタミンCの効果を高める摂取方法に、ビタミンPと一緒に摂取する方法があります。

ビタミンCが壊れるのを防ぎ、抗酸化作用のサポートをするのがビタミンPなのです。

ビタミンPが多く含まれている食べ物に、みかん・グレープフルーツ・レモンなどの柑橘類があり、特に皮やスジ、袋に多く含まれています。

これらのビタミンPを含む食品は、ビタミンCも多く含まれているので、(皮は食べられませんが)スジや袋を一緒に食べることでビタミンCを摂取しやすい食品であると言えます。

ビタミンPの効果

ビタミンPには抗アレルギー作用、毛細血管を強くする、脳内出血を予防する、高血圧の症状を改善するなどの効果があります。

  • 日焼けとは? - 皮膚の炎症と色素沈着
  • 紫外線を防ぐ方法 - 日傘や帽子でUVカット!

  • 【日焼けの基礎知識】やけど!皮膚が炎症してる!?紫外線の種類と病気について
  • 【紫外線の基礎知識】UVカットのために紫外線の性質を知る
  • 【日焼け止めの基礎知識】日焼け止めの種類と効果について
  • 【日焼け止めの効果的な選び方】シチュエーションに合わせた紫外線対策
  • 【日焼け止めの正しい使い方】適切な使い方で効果的な紫外線対策
  • 【日焼けをしてしまったら…】日焼け対策にはビタミンCが効果的!