ビタミンC誘導体

肌に浸透しやすいビタミンC「ビタミンC誘導体」とは?

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌に浸透しやすいように改良したものであり、壊れにくく酸化しにくいという特徴を持っています。

ビタミンC誘導体の効果と種類を確認しておきましょう。

ビタミンC誘導体の効能

  • ・コラーゲン生成を促進することにより、肌のハリを保ち、弾力のある肌にする
  • ・肌の奥まで浸透して、ターンオーバーをスムーズにすることで、メラニンが排出されて、しみ・そばかす・くすみなどを防ぐ
  • ・活性酸素を除去することで、肌の老化を防ぐ

など

ビタミンC誘導体の水溶性と油溶性

ビタミンC誘導体には「水溶性ビタミンC誘導体」と「油溶性ビタミンC誘導体」、そして水溶性ビタミン誘導体と油溶性ビタミンC誘導体の特徴を併せ持った「新型ビタミンC誘導体」の3つの種類があり、効果の持続時間や即効性などの違いがあります。

自分の肌に合ったものを使用すると良いでしょう。

水溶性ビタミンC誘導体

第一の特徴は即効性の高さと言えるでしょう。短時間で肌に吸収されて、効果を得られます。皮脂の分泌を抑制する効果が高く、脂性肌(オイリー肌)やにきびができやすい肌の人におすすめです。

しかし、皮脂の分泌を抑制する効果が高いので、乾燥肌や敏感肌の人が使用した場合に、乾燥しやすくなることも。
油溶性に比べて刺激が強めなので、自分の肌に合っているかを確認してから使用すると良いでしょう。

水溶性ビタミンC誘導体は主に化粧水や美容液として販売されています。

油溶性ビタミンC誘導体

水溶性に比べ即効性は劣りますが、肌の深いところまで浸透し、ターンオーバーをスムーズにする効果があります。
刺激が弱く、保湿効果も高いので、敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使用できます。

また、ゆっくりと肌の深いところまで浸透していくので、持続して効果を得られるというメリットもあります。

油溶性ビタミンC誘導体は主にジェルやクリームタイプの化粧品に含まれています。

新型ビタミンC誘導体

水溶性の特徴である即効性と、油溶性の特徴である肌の深いところまで浸透する浸透力を両方持ち合わせているのが新型ビタミンC誘導体です。

肌の奥まで浸透し、ビタミンCの効果を得ることができ、保湿効果・効果の持続性にも優れているので、美白・美肌作りに効果が期待できます。

高濃度ビタミンCとは?

高濃度ビタミンCを点滴・注射する療法を行うクリニックが増えています。

ビタミンCは水溶性のため、余分に摂取した分は尿に溶けて排出されるので、副作用がなく安心です。シミ・しわ・にきび・肌のハリ・美白などの美肌効果や、疲労回復・免疫力を高める効果も期待できます。

以前からビタミンC点滴・注射がありましたが、全身にビタミンCが行き渡る前にビタミンCが壊れてしまい、効果が現れにくいものでした。
しかし、高濃度のビタミンCを注射・点滴することで、全身にビタミンCがしっかり行き渡り、効果を実感することができます。

  • 日焼けとは? - 皮膚の炎症と色素沈着
  • 紫外線を防ぐ方法 - 日傘や帽子でUVカット!

  • 【日焼けの基礎知識】やけど!皮膚が炎症してる!?紫外線の種類と病気について
  • 【紫外線の基礎知識】UVカットのために紫外線の性質を知る
  • 【日焼け止めの基礎知識】日焼け止めの種類と効果について
  • 【日焼け止めの効果的な選び方】シチュエーションに合わせた紫外線対策
  • 【日焼け止めの正しい使い方】適切な使い方で効果的な紫外線対策
  • 【日焼けをしてしまったら…】日焼け対策にはビタミンCが効果的!